戻る
活動方針年間行事
トップページ 天理教少年会とは 活動方針・年間行事 活動 育成活動 さんさいの里 教材
活動方針
日々に陽気ぐらしを実践し、その喜びを子供たちに伝えよう
 お道における育成の土台は、子供たちを導き育てる側の親や周りの大人たちが、まずは自らが教えを学び、日々の暮らしの中で教祖ひながたの実践を心掛け、家庭や日常生活、また、教会生活や育成活動の中で、陽気ぐらしの喜びを子供も含め、周りの方々と共に味わうことにある。その土台があってこそ、信仰の喜びが子供たちに伝わっていくということを常に心において活動を推し進めて行きたい。そこで本年も、「日々に陽気ぐらしを実践し、その喜びを子供たちに伝えよう」を活動方針に掲げて、少年会活動に取り組んでいきたい。
 現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、従来のように子供を大勢集めて活動をすることが難しい状況にある。これまでの活動や行事による丹精がしにくい状況にあることから、これまで以上に、縦の伝道の主軸となる親や子供たちの周りにいる育成会員の日常における子供たちの丹精の重要性は増しているといえる。
 そこで本年の重点項目でも、改めて従来の活動の手前にある、子供との日頃からの身近な信仰実践や、子供への細やかな丹精を心掛けることを呼び掛けていくために、次の3つの重点項目を掲げた。
【重点項目】
○子供と一緒に教会へ参拝しましょう
 教会は、よろづたすけの元であるぢばとつながる、たすけ一条の取り次ぎ場所であり、陽気ぐらしの雛形を地域に映していく存在でもある。その教会に参拝し、親神様、教祖に、日頃の御守護への感謝、お導きへの御礼を申し上げ、さらには、人のたすかりや世の治まりを願うことは、信仰実践の基本である。そして、子供と共に教会へ参拝することで、家族で信仰の雰囲気に触れることができ、子供たちは教会に親しみを覚え、何よりも親の信仰の喜びを子供に伝える絶好の機会となる。日参や週に一度、月に一度といった定期的な参拝や、卒業や入学、誕生日などの節目に参拝するなど、普段にも増して、子供と一緒に教会へ参拝する機会を意識して増やしていきたい。
○子供と一緒にひのきしんをしましょう
 − 地域や教会でひのきしんの輪を広げよう −
 ひのきしんは、親神様の溢れる御守護への感謝の気持ちを行動に表すという、信仰者にとって欠かせない信仰実践である。ひのきしんには決まった形もなければ、特別なときにだけするものでもなく、日頃から態度として表れてくるものである。その信仰実践の態度は、ただ見せているだけでは、なかなか子供たちの身に付くものではない。また、掃除や人の手伝いも、ただ子供たちにさせるのではなく、親や大人が共にしてあげて、その時間を共に嬉しく楽しく感じることで、その姿や態度が子供たちの心に映っていくものである。家庭や教会の日常の暮らしの中で、子供と一緒にできる身近なひのきしんの実践を心掛けたい。また、少年ひのきしん隊の支部結成が打ち出されてから50年となる本年は、地域や教会でひのきしん活動を活発に推し進め、より多くの仲間と共にひのきしんの喜びを味わえる機会を増やしていきたい。
○『さんさい』『リトルマガジン』
 『みちのこ日めくり』などの教材を活用しましょう
 少年会には、子育て応援誌『さんさい』や子供が楽しみながら教えに親しめる『リトルマガジン』をはじめとする書籍、また、子供たちを楽しませたり、教えを分かりやすく伝えるのに役立つ様々な教材があり、さらに、YouTube「みちのこチャンネル」では、親神様、教祖のお話や簡単にできる工作やお菓子作りなど、少年会員向けの動画配信を行っている。人が集まる活動がしにくい昨今において、これらの教材を積極的に活用していきたい。また、本年は、「日々に陽気ぐらしを実践し、その喜びを子供たちに伝えよう」の活動方針を進めていく一助となることを目指して作製された『みちのこ日めくり』を家庭や教会で活用して、子供たちと共に陽気ぐらしの実践に励み、信仰の喜びを伝えていきたい。
少年ひのきしん隊50周年
教区・支部におけるわかぎを中心としたひのきしん活動の推進
 − わかぎをはじめ、少年会員にひのきしんの喜びを −
☆夏休みこどもひのきしんについて☆
 夏休みは親や周りの大人の導きや、置かれる環境によって、子供たちが大きく成長できる貴重な期間である。その夏休みに、小さなことからでも子供たちが楽しんでひのきしんに励み、それを習慣として身に付けることを目的とした取り組みが「夏休みこどもひのきしん」である。子供に「ひのきしんカード」を渡し、家庭や教会でひのきしんができるよう導き、毎回ひのきしんができたことを確認し、シールなどで印を付けてあげることで子供たちが楽しくひのきしんを続けられるよう努めていきたい。
 また、夏休みの期間は、家族や教会でおぢばへ帰る絶好の期間であることから、7月26日から8月28日までの期間に、境内地に「ひのきしんセンター」を設置して、おぢばでのひのきしんを促すと共に、帰参した子供たちを少しでも楽しませてやりたいとの思いから、僅かながらお楽しみの場も設け、さらには教えを学べる場所も用意したい。地域や置かれている環境などによっては、おぢばへ帰ることが難しい人も多くあると思われるが、親元であるぢばに一人でも多くの子供を連れ帰れるよう努めていきたい。
copyright © 2006 Tenrikyo Boys And Girls Association, All Right Reserved